エネルギー管理士の職務

293

知り合いの電気主任技術者がエネルギー管理の業務を行っているので、「エネルギー管理士はどういう仕事をするのだろう」と日々観察しています。

その電気主任技術者曰く「エネルギー管理士の免状は単体では役に立たない。電験とセットで持っていて初めて役にたつものだ」とのことです。
電気系のエネルギー管理士の場合は、やはり電気主任技術者の免状は必須ということですね。

熱系ならば特級ボイラー技士とセットで持っておくのが良いようです。

では会社の業務的としてはどのようなことをするのでしょうか。

私がその電気主任技術者とお話をして聞いたところ、毎月エネルギー会議という会議に出席しているようです。
その際に電気の使用量をまとめた資料を掲示しつつ、電気料が増えただの減っただのと報告するようです。
なので、
・毎日の電気使用量をまとめた電力日報
・毎月の電気使用量をまとめた電力月報
・月を3当分してまとめた電力旬報
などの資料を作成しておくことが重要ですね。

次はこれら報紙について書いていきます

astora
  • astora

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です